スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
らっきょ劇場版 第三章 痛覚残留
今朝見てきました。

金曜日に仙台に出張だったので、金曜の晩に仙台から東京に移動して、そのまま一泊。
そして、朝から池袋に移動して、映画を見てから新幹線で京都に帰るというスケジュール。
ちょっと疲れていたので、秋葉原をうろうろとかは出来ませんでしたけれども。

それはともかく、第三章を見終わった感想は……「面白かった」です。なるほど、アクションに自信ありといっただけはあるのかな、と。

以下、ネタバレありの感想です。

“らっきょ劇場版 第三章 痛覚残留”の続きを読む>>
アニメ | 【2008-03-08(Sat) 21:24:33】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
メガミマガジン 2008年3月号
アニメ情報誌らしいのですが、P48ページ目のためだけに買いました。
ええ、もちろん「劇場版 空の境界」の紹介ページです。

……なんちゅー、紹介の仕方をするのかっ(笑。
とりあえず未見の方はみてみることをおすすめします。子供時代のふじのん絵がかわいすぎます。

そして。

“メガミマガジン 2008年3月号”の続きを読む>>
アニメ | 【2008-01-31(Thu) 00:26:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
空の境界主題歌 Kalafina
無事に限定版を確保しました劇場版空の境界主題歌「Kalafina」。
まあ、限定版といってもとらのあなで山積みになってましたけども(笑。

で、日曜日に入手してから延々と聞いていますが……いいなあ。

いや、正直、「らっきょの主題歌」と知らなければ、あまり気にもとめなかっただろうし、試聴しても購入に至ったかは微妙かな、と思うのですが。

映画を見た後&一曲ごとに対応するらっきょの文章を思い起こしながら聞くと……たまりません。

私は一章「俯瞰風景」しか映画を見ていないですが、「殺人考察(前)」を思い起こしながら二曲目の「君が光に変えていく」を、「痛覚残留」を思い起こしながら「傷跡」を聞くと、もの凄く「会っている」というのがわかります。
とくに二曲目の「君が光に変えていく」を聞くときは、式よりも織の心情を思い浮かべながら聞くとかなり来ます。ええ、ぐっと。

ということで、現在、織が書きたくて仕方なかったり。
で、前回の雑記のような暴走ネタを書いたのですが(笑。

ああ、織いいなあ。というか、織に振り回されて、でも織には素直に怒れなくて、結局、幹也に八つ当たりして、その後罪悪感でちょっと凹んで、でも素直になれなくて、また八つ当たり気味に幹也に絡んで、最後にちょっと拗ねながら謝ってから、デレモードに突入する式なんて想像すると萌えません?(おい。

でもなかなか、SSとして織を登場させるのは難しい辺りが考えどころですね。

しかし、最近はらっきょ関連の話題が多くて良いですね。DVD化されて全国どこでもみれるようになるともっと盛り上がるんじゃないかな、とか期待しつつ。

アニメ | 【2008-01-28(Mon) 23:48:12】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
劇場版 空の境界
今日、見てきました。
昼から東京出張の用事があったので、午前中に半日年休をねじ込んで。

9:30頃にテアトル新宿についたのですが、既に行列が出来ててビックリ。
とはいえ、30人ぐらいの列だったので、問題なくチケットは買えました。席は全席自由席、ということでしたが前から四列目の真ん中あたりを無事にキープ。思ったより良い席がとれたのは小雨が降っていて人の出足が悪かった所為もあったのかな?

でも、開始前には劇場はほぼ満席でした。

で、肝心の感想ですが。

いやー、もう、良かったです。
というか、動いている式にあそこまで破壊力があるとは思ってませんでした。萌え死ぬ。萌え死ぬ。萌え死ぬ(落ち着け。

以下、ネタバレ感想。

“劇場版 空の境界”の続きを読む>>
アニメ | 【2007-12-13(Thu) 22:41:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
空の境界 映画化
目が見えにくいとか痛むとか、鬱々とした気分を一気に吹き飛ばすニース。

「空の境界 『映画化』決定」

……いやー、流石に予想外も予想外。
というか、アニメ化だけでも驚くのに、映画化ですよ。お客さん。

あのただでさえややこしい話を、どうやって二時間程度に収めるのか。
正直不安だったりもしますが……でも、やっぱり楽しみですね。

式が! 幹也が! 橙子さんが!
とうとう映像化されるのですよ。それだけでも見る価値があろうというものです。

でも、本当にどの話を映画化するのか、難しそうですよね。
やっぱり「空の境界」の物語としては、「殺人考察」と「矛盾螺旋」の内容は外せないと思うんですよ。
二つを一本に纏めるような脚本に変えたりするのかなー、なんて考えてみたり。
そうすると霧絵、藤乃、ゴドーワードあたりの出番は限りなくなさそうですが。さてさて。

ともあれ、らっきょ関係に久々に大きな話題があって、良い気分で年の瀬を迎えられそうです。はい。

アニメ | 【2006-12-28(Thu) 21:15:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。